« マキメの否ダンス-悦ダンス | トップページ | TH新刊・奇想ジャパネスク 4/26発売!! »

2008.02.16

甲秀樹、安楽寺えみ

いずれも今日より個展開催。

甲秀樹は、少々いつもより幼く無垢な感じの
少年の肖像画を眺めながら進んで行くと、
奥には黒い布で仕切られた場所が…。

その布をくぐると…きゃー!
そこにいるのは両性具有の人形!

しかもなんとも緻密に作られた股間(つまりぺ○○とヴ○○○)を、
これ見よがしに晒しているのである。

しかも……もしかして上着に隠れて見えないかもしれないが……
ほんのり膨らんだ胸が、またとても萌えさせる……!

その人形の正面に置かれているのが、
少年人形2体を絡ませたうえに、ボックスで部屋まで作り上げた大作。

しかもその部屋には、
先程の両性具有人形を描いた油絵がかかっている…!

人形2体に絵までセットになった贅沢な作品なのであった。

2/27まで、渋谷・ポスターハリスギャラリー。
http://posterharis.com/gallery/

*****

安楽寺えみは……言葉ではうまく言えないが、
ヤバさを感じさせる写真群。

杖や球体(口枷だったりするが)などを絡ませた女体だが、
なんだかヤバいのである。

表現が危険、という意味ではなく、
心の中にグサリと入ってくるというか、
危うい挑発を感じてしまうというか……。

たぶんそこにあるのは、よくあるSMとかフェティッシュとは違う、
というか、そういうのを超越した地平から出現してきた
濃厚なフェティッシュであり
それに眩惑させられてしまうがゆえに
ヤバさを感じてしまうのだろうか……。

カメラと被写体の距離感がまた、フェティッシュなんだなぁ。

3/30まで、表参道・RAT HOLEギャラリー。
http://www.ratholegallery.com/exhibition.html

*****

駆け足で両者を観た後、
堀江ケニー氏に会って新作写真などを見せてもらう。

安楽寺のがこちらに迫ってくる迫力なら、
ケニー氏のはやはり、吸い込まれていきそうな引力。

静謐な雰囲気にトリップさせられるのだな。

|

« マキメの否ダンス-悦ダンス | トップページ | TH新刊・奇想ジャパネスク 4/26発売!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52468/40137950

この記事へのトラックバック一覧です: 甲秀樹、安楽寺えみ:

« マキメの否ダンス-悦ダンス | トップページ | TH新刊・奇想ジャパネスク 4/26発売!! »