2007.10.27

ザ・ストリップ

ごくごくフツー?のサラリーマンに「幻想少女」というタイトルを言ったら
それだけでえらく警戒されてしまった。
別にそんな怪しいものじゃないですよ、と言ったものの
中高生に見せられる本なの?と聞かれ、
ああそういえばチ○チ○直立していたり股間からしぶきが放たれていたりする
ヴィジュアルがあれこれあったのを思い出して
私が悪うございましたと素直に土下座……。
久々肩身の狭い思いをしたような。

親に見つかったらどうしよう……とかいう読者ハガキを昔、
中学生からもらったのを思い出しました。

まぁ、よござんす。

なぜか週刊実話50周年企画「ザ・ストリップ〜華麗なる裸の文化史」(DVD付きの本)
の完成披露試写会のリリースが届いたので覗いてきました。
平日の昼間から、書店の方たちとかでしょうか、背広着たおっさんたちが集まって
ストリップのDVD観賞。
踊り子さんの実演や(さすがにヌードにはならなかったが)
酒や料理が出てまんじゅうのお土産も付くという豪華な試写会。
だけど場所がUPLINK FACTORYなのでビミョーな豪華さなんですが(笑)。

DVDの内容は、わりと真っ当なドキュメンタリー。
少しだけストリップの歴史をおさらいしつつ、
いまの踊り子さんが何人か登場してステージとその素顔を見せるという。
なかなか明るく健全な感じの切り取り方でした。
でもまぁ、ステージでの実演はやっぱり客がいないとなぁというのはあるし
花電車が取りあげられていたのはなかなかですが、
局部見せないであのスゴさは伝わらないでしょう、というのもある。

そのあとヴァニラ画廊に行って
ブルース・ラ・ブルースの初期の8ミリ作品を見たんですが(もちろん無修正)
やっぱり隠さずに赤裸々にするがゆえに表現できるものはある、
とあらためて思ったりした。

自粛はいかん。想像力を奪うばかりだ。

なのでこれからも肩身狭い道を行くでしょう。

いやもちろん、出せばいいというもんではないですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

mixi異端系芸術情報募集中コミュ

mixiに異端系芸術情報募集中というコミュが作られています。
THの読者が感心ありそうなアート、文学、映画、舞台等々の情報を収集していきますので
mixiに入られている方はぜひご参加下さいませ!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1662472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

NHKサンダンス

深夜NHKを見ていたら、番組間にやる自己宣伝コーナー「プレマップ」で
サンダンス・NHK国際映像作家賞の告知を長々とやっていて、
今年の受賞者として中嶋莞爾監督が登場してました。
受賞作の、あの緻密な絵コンテもパラパラと。

放映スケジュールは中嶋莞爾監督のHPにあります!

中嶋莞爾監督のインタビューが載っているTH No.25「廃墟憂愁」
http://atelierthird.jugem.jp/?cid=1
中嶋莞爾監督HP
http://www.din.or.jp/~kn-film/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

メモメモ

ああもう、目が回ります。下請け仕事に圧迫されていますが、THもやらなきゃね。
でもこれから、面白そうな展覧会等がいろいろ始まります。

銀座・スパンアートギャラリー/村田兼一写真展(2/6月〜11土)
   →SMスナイパー(だったか?)とかで撮っている、ロリ&フェチ系の少女写真

銀座・ヴァニラ画廊/冨崎NORI作品展(2/6月〜18土)
   →球体関節人形の少女をモチーフにしたリアルな絵。

渋谷・アップリンクファクトリー/児嶋サコ「Afternoon of Atelier—マリの部屋—」(1/28土〜2/8水)
   →手塚眞の映画「ブラックキス」のために制作した作品群や新作。エロ・痛・ぬいぐるみ。

日暮里・HIGURE17-15cas/三浦悦子「義躰廃工場」(2/3金〜19日)
   →義躰人形。なぜここまで。

大阪淀屋橋・Oギャラリーeyes/杉浦隆夫展「ろくろは回して遊ぶもの」(2/20月〜3/4土)
   →行きたいけど大阪だ……。うー。観客を危険に陥れる体験型(?)アート。

京橋のフィルムセンターで「ドイツ・オーストリア映画名作選」開催中!
表現主義な無声映画見たいが、スケジュールをどう調整しよう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

Tシャツby河野悦子

いつも面白いイラストエッセイを描いていただいる河野悦子氏のTシャツを発見。
ここです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

ただいまTH編集中

1週間くらい前に、新宿ルミネ2のブックファースト(青山ブックセンターのあとに入ったところだ)に行ったら、改装中でシャッターが降りていた。
ルミネ1のブックファーストは方向違いだったので、あきらめて帰ってきてしまったのだが、
どうやらルミネ2店は4階から5階に移動して、4階にはヴィレッジヴァンガードが入るらしい。
VVついに新宿進出。
新宿南口はタワーレコードの書籍売場が面白いのだが、10階(たしか)まで上らなきゃいけないところが……。
そういえばマイシティの山下書店がなくなってしまいましたね。
実は新宿のジュンク堂はまだ行ったことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

スーザン・ソンタグ

あけましておめでとうございます。
2日空けただけなのに、会社のビルもマウスも机も冷え切っていて手をこすりながら打ってます。

昨年末、28日に、スーザン・ソンタグが他界したというニュースは、やはりここに記しておかなければならないだろう。
同時代のカルチャームーヴメントから自らのガンの体験まで、明瞭で明快で刺激的な思索の数々は、ある意味、私の指標のひとつだった(本当に理解できてるのかどうかということは別にしても)。
彼女の文章は、多くの作品、アーティストに出会う道標にもなったと思う。
私の本棚には〈これから読む本〉が集まった領域があるのだが、その中に『他者の苦痛へのまなざし』がささっている。
そう、そのまなざしの向け方が、彼女の著作から一番学んだことかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.26

小耳メモ(思いついたままに)

No.19「特集・ドール」に人形作品の写真&詩をご寄稿いただいた槙宮サイさんが、誌面の予告通り、12/13〜18に銀座のGallery銀座一丁目で個展を開催。

No.21「少女×傍若無人」に記事掲載の珍しいキノコ舞踊団が、No.22「特集・異装」にレビューを掲載した森美術館「小沢剛:同時に答えろYESとNO!」展のクロージングイベントに登場(12/4)。

No.21「少女×傍若無人」に記事掲載の毛皮族が、東京・新宿のスペースゼロでロックンロールミュージカル,キル!キル!「お化けが出るぞ!!」を公演(12/1〜8)。

■講談社から出てる大泉りかの「ファック・ミー・テンダー」の表紙は、No.19「特集・ドール」No.21「少女×傍若無人」で取り上げたトレヴァー・ブラウンでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.21

コスプレ喫茶

 イラストレーターの井手さんと、彼女のつよ〜い希望で(!)、なぜか秋葉原のメイド喫茶でTHの打ち合わせ(笑)。な、なぜだ(笑)。別に店員がコスプレしてたからってどーよ、って思うけど、井手さんは、「常連さんには『お帰りなさい』なのに、自分には『いらっしゃいませ』だった」のが悔しかった模様(笑)。また、次の特集には参考にならなかった様子なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.20

なぜ祭日だというのに

いつもより早く会社に出てきて、昨晩の残りのカレーをあっためて食べているのか……。
別に祭日なのを忘れていたわけでも、カレーが食べたかったわけでもないやい(涙)。
うーー今日は充実した1日が過ごせそう(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)